Gia文の登場人物だったりあらすじだったりがまとまってます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑭ヨウジョと彼女と暴風の主
さささ
ぶつかりに来た【清書】を傷を負いながらも退け、仙台のどこかで自身が起こした〝暴風〟の中に篭っている。
しかし、戦意と憎悪に溢れている。
【さや】の言葉にキレ、〝暴風〟を向けるも相殺され、落ち着かせようと向かってきた【はすか】を返り討ちにしようとするも捕縛される。
その後、【さや】が差し出した手を取ろうとして頬を平手打ちされるなど散々である(しかし、自業自得っぽい)
己が見せた弱さ、今までの子供じみた行為に自身へ滲み出た怒りを飲み下し、立ち上がった。
そして「【風歌】の元へ連れていけ」と【さや】の手を取った。


さや
〈冥王〉の巫覡(フゲキ)であるヨウジョ。
【社長】に仙台の近くまで、〝運んで〟もらった後、「護衛屋」の【はすか】と合流する。
仙台に近づくにつれて多くなる飛来物から【はすか】に守ってもらいながら、〝暴風〟の中心にいる【さささ】の元へ向かう。
【さささ】の悲痛な叫びと共に襲い掛かってくる〝暴風〟を〝声〟で相殺する。
【はすか】に捕縛され、座り込む【さささ】の前に仁王立ちし、「【風歌】を助けたいんだろう?」と手を差し伸べる。
おずおずと手を伸ばした【さささ】の手を掴まずに、「泣く子のお守りなんて御免だ」と言い頬を平手打ちする。


はすか
「運送屋」である【社長】から【さや】の警護を引き継いだ「護衛屋」の獣頭人躯の女性。
すらりとした狩猟犬を思わせる姿で、金とも銀とも白ともつかない美しい体毛を持つ。
科のおはとても稀有な存在である。
何故なら超常に目覚めた、ある【少女】が無意識駅に作り出した【少女】が無意識的に作り出した「美しい存在」が【はすか】だった。
超常で生み出された〝影〟とは違い、一つの命として超常により生み出され、超常を得た自立した生命種なのだ。
【さや】が何故仙台へ行くのか、気にはなったが依頼者の内面に踏み込むのはタブーでスマートではない。
何よりも彼女は「美しくないやり方」が嫌いなのだ。
仙台に近づくにつれて温い風が強くなり、アルミバケツや一斗缶、マネキンなどの飛来物から【さや】を守りながら〝暴風〟の中心へ向かった。
戦意と憎悪で正気を失った【さささ】との戦闘において、自身のスピードで〝暴風〟を掻い潜り、〝糸〟のようなもの(魔狼すら縫い止める特別製)で【さささ】を拘束出来る程度には戦闘慣れしている。
スポンサーサイト

⑫とある作劇家と超常遣いのやりとり
Erain
≪獣王計画≫で住地を失った北方の超常遣い。
【ガルメ】に「≪獣王計画≫を止めたいんじゃないのか?」と声をかけられた。
≪獣王計画≫により仮死冬眠状態にある家族を助けるために、≪魔王災害≫の再開に手を貸すことを決める。
【ガルメ】が彼に提示したのは、彼の超常を【花音】に向けて打つことだけだった。

ガルメ
【赤毛】陣営の一人。
自身の超常で〝作劇〟する舞台に演者(駒)として必要だと【Erain】に声をかけた。
【花音】に【Erain】の超常を打つことを条件に、北方の地で進んでいた≪獣王計画≫を止めることを提案した。

⑪仙台超常遣いのたまり場
いえろー
今は亡き青年。
親しい面子からは「おかーさん」と呼ばれていた。

こかげ
【ミヤマコ】とのやり取りの後、チームのたまり場で独り言を吐いていたら、今は亡き青年【いえろー】の声が聞こえ、その声と会話していた。
頼られるのは嫌いではないが、それが原因で束縛されるも嫌と、何とも悩ましいことを思っていた。
【いえろー】らしき声のおかげで踏ん切りがついたようだ。

話の流れまとめページ。

⑩また別のどこか

こかげ

仙台の超常遣いたちのまとめ役。

国家の耳目の統括役【ミヤマコ】に、仙台での一件について聞かれていた。

このとき、【ミヤマコ】には確信の持てる部分のみを伝え、推察部(主に【赤毛】の正体など)については、はぐらかし、話していなかったようだ。

また、ミヤマコの超常が恐ろしいとも話した。

 

ミヤマコ

国家の耳目、統括役。

【こかげ】の〝直観〟による現状の事実確認をしていた。

【さささ】を関西方面に向かわせた事について感謝の言葉を述べ、ニコリとほほ笑むが、そこの好意は見当たらなかった。

【こかげ】から話を聞き終わり、部屋を出たあとに人気のない通路で《国家の手足》たちに【こかげ】の警戒度を上げ、必要なら切り捨ててよいと命じた。

Copyright © 雨がしんしんと。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。